腰痛の治療報告3 南町田さいとう接骨院

腰痛の治療でお越しの患者様

【お困りの症状】

腰痛の代名詞とも言える、重いものを持ち上げる作業を繰り返して腰を痛めて来院。

前かがみや重いものを持ち上げる動作がつらく、とにかく仕事に支障が出るのがつらい。

 

【患部の状態】

整形外科でレントゲンを撮ると腰の背骨がストレートになっていて、椎間板がすり減っていると診断される。

腰回りの筋肉はとにかく硬く、腰を正しいポジションにもっていくだけで痛みが出る。

 

【診察結果】

股間節やおしりの筋肉が硬く、前かがみになる時に骨盤が全然動いていない。

その動きを腰の背骨部分だけで前かがみになるせいで、椎間板にストレスがかかっていると思われる。

 

【施術結果と今後の治療方針】

股間節、おしりの筋肉を緩めて骨盤の動きを出していくと、正しい腰のポジションがラクに出来るようになった。

ストレートだった腰椎も少しカーブが出た分だけ腰痛の痛みもラクになった。

長年の蓄積が引き起こした腰痛であるため、一度の施術で全ての動きを改善しきれない。

何度か腰椎の正しいポジションを出来るようになると筋肉は緩み痛みも軽減してくる、と説明しお仕事が休みの日に通院してもらうように指導。

 

【当院で行う施術】

低周波による電気治療

腰椎の可動性回復術

仙腸関節可動性回復術

仙腸関節安定化トレーニング

股関節可動性回復術

股関節包ストレッチ

股関節トレーニング

肩甲骨可動性回復術

胸郭ストレッチ

体幹トレーニング指導

 

【コメント】

重いものを持ち上げる動作は背筋を酷使する。デスクワークが多くなってきた現代でも、こういったカラダが資本な仕事はたくさんあるんだ。

酷使してきた分のケアを長年せずにいると、筋肉内の血行が悪くなりどんどん硬くなってしまうんだ。

これはマッサージだけの処置では治らず、背骨を正しいポジションに戻すことで初めて痛みが軽減する。

ザ腰痛という状態でも、個人によって色んな治し方がある。そこをどう見極めて治療していくかが大切なんだ。

 

腰痛の治療報告1

腰痛に治療報告2

***************

病院ではシップと痛み止めの飲み薬ということが多いけど、こんな急性期のケガでも意外と歩き方が変われば痛みなく生活できるようになったりするんだよね。

足首のねんざなんかも同じですんなり歩けるように出来ちゃうよね。

痛みを我慢したまま歩き続けると、かばったまま歩くから他の部分に良くないことが起こる。

痛めてから早い段階で体の使い方を覚えることは再発予防や他の部分を予防することにもつながるんだ。

 

さいとう接骨院はスポーツをするあなたをサポートし続けます!

===========

さいとう接骨院 南町田駅北口徒歩5分

診療時間(予約不要)

月~金9:00-13:00/15:00-21:00

土  9:00-14:00

町田市鶴間1-18-1-102

042-706-9182

P1台あり(16号線から入庫)

 

●首肩腰足などの痛みの早期回復

●からだのゆがみを根本治療

●スポーツ外傷・障害

●交通事故治療

●リハビリ・トレーニング