坐骨神経痛の原因と治療  南町田さいとう接骨院

坐骨神経痛は「原因」がたくさん!

 

坐骨神経痛

「これって坐骨神経痛ですか?」

「そっかー。坐骨神経痛なら長くかかるわね。」

 

坐骨神経痛=治りにくい

 

と思われているようですが、そんなこともありません!

 

大切なのは「坐骨神経痛かどうか」ではなく「何が原因で坐骨神経痛なのか」です。

「坐骨神経痛」という言葉だけが重要視され、大事な「原因」には目を向けられていません。

 

原因次第ではあっという間に治ってしまう坐骨神経痛もあるんです!

 

 

●症状

 

お尻から脚にかけて痛みやしびれ、感覚異常を感じる。

(下のイラストのピンク色の部分に痛みやしびれなどの症状が出ます)

坐骨神経痛

(ピンクの部分に原因不明の痛みがあればだいたい坐骨神経痛と言われてしまいます。)

 

 

●原因

 

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

 

椎間板の中には「髄核」というものがあるのですが、それが後方に飛び出してしまい、神経を圧迫することで坐骨神経痛が起こります。

椎間板ヘルニアはレントゲン検査だけでは発見できません。

MRIなどの検査をせずにヘルニアと診断された場合は、ヘルニアが原因の坐骨神経痛ではないかもしれません。

 

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

 

背骨には神経が通るための空洞がありますが、そこが狭くなることで神経が圧迫されます。

年齢による背骨、椎間板の変形、過度のスポーツのダメージによる背骨の変形により神経が圧迫されると坐骨神経痛を起こすことがあります。

神経はレントゲンには写りません。レントゲン検査のみで脊柱管狭窄症と言われた場合は診断が間違っていることもあります。

 

梨状筋症候群

梨状筋症候群

坐骨神経の通り道に梨状筋という筋肉があり、そこの筋肉が硬くなり坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛が起こります。

 

仙腸関節炎

仙腸関節

 

骨盤のゆがみや姿勢が悪くなることで起こる仙腸関節炎。

 

実はこの仙腸関節炎による坐骨神経痛がとても多いのです。

 

レントゲンなどで異常が見つかることは少なく、病院で椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症でもないと言われたら仙腸関節炎による坐骨神経痛の可能性が高いです。

 

さらに仙腸関節炎は椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症による痛みを引き起こす原因にもなるので、要注意な症状です。

 

 

当接骨院では坐骨神経痛を引き起こしている原因を見つけ出し、一人一人に合った治療法で治療していきます。

 

 

===========

さいとう接骨院 南町田駅北口徒歩5分

診療時間(予約不要)

月~金9:00-13:00/15:00-21:00

土  9:00-15:00

町田市鶴間1-18-1-102

042-706-9182

P1台あり(16号線から入庫)

 

●首肩腰足などの痛みの早期回復

●からだのゆがみを根本治療

●スポーツ外傷・障害

●交通事故治療

●リハビリ・トレーニング