坐骨神経痛の治療報告1 南町田さいとう接骨院

坐骨神経痛でお越しの40代女性の患者様

【お困りの症状】

デスクワークで座っていても腰から脚にかけての引っ張られるような痛み、ダルさを感じる

【患部の状態】

坐骨神経痛を外から診断するのは難しいため、動きの検査が必要。

【診察結果】

股関節の可動域や、動き方、脚を伸ばして上に上げるようなテストでも引っ張られる感じが出現するため、坐骨神経痛の一歩手前のような感じである。

クラシックバレエをしているらしく、バレエのときはきっと脚をピシッ閉じて姿勢を良くしているに違いない。しかしデスクワークのためか骨盤は後ろに下がり、その状態で脚を閉じるような動きは股関節に無理な動きとなる。

なので、骨盤の後ろに下がっている状態と、股関節を内側にひねっている動きが悪さをしていると思われる。

【施術結果と今後の治療方針】

骨盤のポジションを整え、背骨も正しい姿勢に近づける。股関節の無理な動きを取り除くと、脚上げテストで引っ張られることはなくなった。

翌日にバレエのレッスンを受け、再度来院した今日は仕事中の引っ張られる感じや、バレエでも痛みもずいぶん無くなったようだ。

骨盤や股関節のゆがみ、ねじれはクセになりやすいので、しばらくはレッスン後の通院をしてもらい、痛みの出ない身体作りをしていく。

【当院で行う施術】

低周波による電気治療

腰椎の可動性回復術

仙腸関節可動性回復術

仙腸関節安定化トレーニング

股関節可動性回復術

股関節包ストレッチ

股関節トレーニング

距骨調節

肩甲骨可動性回復術

胸郭ストレッチ

体幹トレーニング指導

【コメント】

以前から同じような症状が時々おこり、その度に整体やマッサージでその場はラクになっていたらしい患者様。

整体やマッサージで良くなるのはとても良い事だけど「なぜ痛くなるか」を解決しなければその場しのぎになってしまうよね。

自分で言うのもなんですが、、、股関節や骨盤などの「関節の動き」を見極められる人は少ないと思うんだ。

だから結局、筋肉が硬いからマッサージみたいな事になってしまう。

なんでもかんでも治せちゃうワケじゃないけど、この関節の動きを理解して解決出来ないと治らない患者様はたくさんいると思う。

マッサージや整体で良くならなかった患者様はぜひ一度お話をお聞かせ下さいね☆

 

***************

病院ではシップと痛み止めの飲み薬ということが多いけど、こんな急性期のケガでも意外と歩き方が変われば痛みなく生活できるようになったりするんだよね。

足首のねんざなんかも同じですんなり歩けるように出来ちゃうよね。

痛みを我慢したまま歩き続けると、かばったまま歩くから他の部分に良くないことが起こる。

痛めてから早い段階で体の使い方を覚えることは再発予防や他の部分を予防することにもつながるんだ。

 

さいとう接骨院はスポーツをするあなたをサポートし続けます!

===========

さいとう接骨院 南町田グランベリーパーク駅北口徒歩5分

診療時間(予約不要)

月~金9:00-13:00/15:00-21:00

土  9:00-14:00

町田市鶴間1-18-1-102

042-706-9182

P1台あり(16号線から入庫)

 

●首肩腰足などの痛みの早期回復

●からだのゆがみを根本治療

●スポーツ外傷・障害

●交通事故治療

●リハビリ・トレーニング

●フィジカルチェック

●メディカルインソール療法