足首捻挫の治療報告4 南町田さいとう接骨院

【主訴】

バレーボールでジャンプの着地のときに相手の足を踏んでしまった足首捻挫の患者様が来院された。

【所見】

捻挫直後だったらしくチームメイトにかかえられながら来院。
すでに内出血になりそうな腫れが出始めていて、足は地面には着けないくらいの痛みだ。

【治療、その後】

治療はほとんど患部の圧迫と固定だが、これをするのとしないのではその後の腫れの引き具合が全然違う。

まずは足首が90度まで曲がるように少しテクニックを加える。

そうするとなんとかだが、地面に着けなかった足首が地面に着いて体重をかけられるようになった。

この患者様ならもしかしたらこのまま歩けちゃうんじゃん?
と思ったが欲張りすぎると痛い目をみる。
当日捻挫したばっかりだしね。。

早くバレーボールに復帰したいという思いもあってか、内出血はひどいが日に日に症状は軽減していき、1週間たったらわりと普通に歩いているようにも見える。

サポーターを装着して練習もやってしまったらしい、、、

このまま良い状態を保ちながら練習出来ていけば、相当キレイに治っていくんじゃないかな。

【一口メモ】

今回は久しぶりの足首ビッグ捻挫で、どうなることかと思ったが初回の処置をしっかり出来たおかげで治癒スピードはだいぶ早い
足首の捻挫や、突き指、打撲なんかも早く処置してあげると格段に治るスピードは速くなるんだ。

その他足首捻挫の治療報告はこちら

→足首捻挫の治療報告3

病院ではシップと痛み止めの飲み薬ということが多いけど、こんな急性期のケガでも意外と歩き方が変われば痛みなく生活できるようになったりするんだよね。

足首のねんざなんかも同じですんなり歩けるように出来ちゃうよね。

痛みを我慢したまま歩き続けると、かばったまま歩くから他の部分に良くないことが起こる。

痛めてから早い段階で体の使い方を覚えることは再発予防や他の部分を予防することにもつながるんだ。

 

さいとう接骨院はスポーツをするあなたをサポートし続けます!

===========

さいとう接骨院 南町田駅北口徒歩5分

診療時間(予約不要)

月~金9:00-13:00/15:00-21:00

土  9:00-15:00

町田市鶴間1-18-1-102

042-706-9182

P1台あり(16号線から入庫)

 

●首肩腰足などの痛みの早期回復

●からだのゆがみを根本治療

●スポーツ外傷・障害

●交通事故治療

●リハビリ・トレーニング