なかなか治らない足首の治療報告1 南町田さいとう接骨院

  • 【主訴】

足首を捻挫して約2ヶ月経つ30代男性の患者様。

しゃがんだり、走る時に足首の後ろ側(アキレス腱あたり)が痛いという症状で来院。

【所見】

足首にはまだ腫れている感じが残り、反対側に比べると少し大きい状態だ。

足首の内側を痛めたのだが、今はもう押して痛むような場所はない。

足首を上に上げるような動きを確認すると足首の後ろ側に「つまり」のようなものを感じるが、これは足首の距骨という骨が上手に動いてない状態

  • 【治療、その後】

低周波治療にて2ヶ月硬くなっていた筋肉の血流を回復させる。

手技療法にて距骨がスムーズに動くようにサポート。

足首がスムーズに動くことでそれまで使っていなかった筋肉が動くようになるため、その筋肉に対しての運動療法(体操)を指導。

 

可動域は回復するも奥の筋肉の硬さが残っていたため、それを発見し解消するために2週間ほどかかったが、その後は再発なく運動後のケアをするために通院されている。

南町田さいとう接骨院

  • 【一口メモ】

実はこの距骨が上手に動いてない状態は多く見られ、いつまでも腫れている感じがなくならない人は多い。

学校で教えてくれる事でもないので、自分で勉強してる先生じゃないとある程度のところで改善がストップしてしまう。

さらに足首は歩く時の土台になっているので、ここに障害が残ったまま日常生活やスポーツをすると膝や股関節を痛める事が多いのです。

南町田さいとう接骨院

***************

病院ではシップと痛み止めの飲み薬ということが多いけど、こんな急性期のケガでも意外と歩き方が変われば痛みなく生活できるようになったりするんだよね。

足首のねんざなんかも同じですんなり歩けるように出来ちゃうよね。

痛みを我慢したまま歩き続けると、かばったまま歩くから他の部分に良くないことが起こる。

痛めてから早い段階で体の使い方を覚えることは再発予防や他の部分を予防することにもつながるんだ。

 

さいとう接骨院はスポーツをするあなたをサポートし続けます!

===========

さいとう接骨院 南町田グランベリーパーク駅北口徒歩5分

診療時間(予約不要)

平日9:00-13:00/

月水金15:00-21:00/火木15:00-19:30

土  9:00-14:00

町田市鶴間1-18-1-102

042-706-9182

P1台あり(16号線から入庫)

 

●首肩腰足などの痛みの早期回復

●からだのゆがみを根本治療

●スポーツ外傷・障害

●交通事故治療

●リハビリ・トレーニング

●フィジカルチェック

●メディカルインソール療法