背中の痛みの治療報告1 南町田さいとう接骨院

背中の痛みの治療報告1

【主訴】

負傷の原因は長時間のデスクワーク、そして重いものを持ち上げる作業。

肩甲骨の内側から背骨沿いに腰にかけて、じっとしていても重いような痛いような感じ。

 

【所見】

ベッドに座って姿勢を見る。

良い姿勢に比べると骨盤が後傾して、腰の背骨が後ろに曲がっている。

更に右側の骨盤が特に下がり気味で、普段の姿勢から骨盤が歪み硬くなり、そのために背骨も硬くねじれ始めている。

 

【 治療その後】

骨盤が柔軟に動くように股関節周辺の筋肉、関節を動かしていく。

股関節を曲げる動きがだんだんスムーズになってきたころ、背骨も動きが良くなるように整える。

先ほどよりも姿勢は良くなり、背筋が伸びている。

【 一口メモ】

自分の姿勢には自分自身では気づきにくい。

自分の姿勢が良いのかどうかわからないということは、体の痛みのサインも感じられてないかもしれない。

体はサインを出している。

正しい姿勢を知ると、きっとサインを受け取れる。

仕事も大切だが、身体が資本だ。

 

***************

病院ではシップと痛み止めの飲み薬ということが多いけど、こんな急性期のケガでも意外と歩き方が変われば痛みなく生活できるようになったりするんだよね。

足首のねんざなんかも同じですんなり歩けるように出来ちゃうよね。

痛みを我慢したまま歩き続けると、かばったまま歩くから他の部分に良くないことが起こる。

痛めてから早い段階で体の使い方を覚えることは再発予防や他の部分を予防することにもつながるんだ。

 

さいとう接骨院はスポーツをするあなたをサポートし続けます!

===========

さいとう接骨院 南町田駅北口徒歩5分

診療時間(予約不要)

月~金9:00-13:00/15:00-21:00

土  9:00-15:00

町田市鶴間1-18-1-102

042-706-9182

P1台あり(16号線から入庫)

 

●首肩腰足などの痛みの早期回復

●からだのゆがみを根本治療

●スポーツ外傷・障害

●交通事故治療

●リハビリ・トレーニング