足のスポーツ障害の治療法

スポーツ外傷、スポーツ障害

足のスポーツ障害

スポーツ障害で悩まれている方は多く、痛みを抱えながら運動を続けています。

我慢できているうちは良いですが、痛みが強くなると練習を休まないといけなくなったり、

試合でのパフォーマンスも低下します。

さらに痛い部分をかばうことでほかの部位にも障害が出てきます。

足の痛み

足の痛みはスポーツをする方全員に起こり得ます。

以前負傷した足首が完治していなかったり、体の使い方のクセなどで足首の関節にズレが生じ、

外くるぶし、内くるぶし、足裏、足の甲、アキレス腱などに痛みを出します。

ズレたままの足のつき方により筋肉や靭帯が緊張し痛みが出ます。

治療内容

ズレている足首を正しい位置に抑え、ふくらはぎや股関節の緊張を取り除きます。

なかなか関節が安定しない方にはテーピングやサポーターで固定をします。

足の痛みは他の様々な部位に痛みを出しかねません‼

早めの来院をお勧めします。

治療対象

外反足、内反足、偏平足、突足、外反母趾、足底腱膜炎、アキレス腱炎、シンスプリント、モートン病、今まで治療してもよくならなかった痛みなど。

好発スポーツ

陸上競技、バスケットボール、サッカー、野球、ハンドボール、バレーボール、バドミントン、卓球など。

スポーツ外傷、スポーツ障害