肩のスポーツ障害の治療法

スポーツ外傷、スポーツ障害

肩のスポーツ障害

スポーツ障害で悩まれている方は多く、痛みを抱えながら運動を続けています。

我慢できているうちは良いですが、痛みが強くなると練習を休まないといけなくなったり、

試合でのパフォーマンスも低下します。

さらに痛い部分をかばうことでほかの部位にも障害が出てきます。

 

肩の痛み

主に投球動作などの肩を回す動作手をついたり、接触により痛めることが多いです。

使い過ぎによる炎症も、長く炎症を起こしていると痛みが退かない原因になります。

 

肩を回すことが多いスポーツは、姿勢不良や肩甲骨の可動域の低下により痛みが出ます

手をつくスポーツは手首や肘の関節の異常

接触の際に痛めるのは筋力低下が原因と思われます。

 

治療内容

肩の可動域を出すために背骨の動きを改善します。

腕を上げたりする動作には背骨の動きも重要です。

肩の動きを良くするために手首や肘のアライメントも調節します。

炎症を抑える特殊な機材で早期復帰を目指します。

 

治療対象

肩関節周囲炎、腱板損傷、二頭筋腱炎、棘上筋損傷、ルーズショルダー、野球肩、水泳肩などの他に色々な治療をしても良くならなかった痛み。

好発スポーツ

野球、水泳、器械体操、バレーボール、テニス、バドミントン、ラグビー、アメリカンフットボールなど

スポーツ外傷、スポーツ障害