水泳選手の治療報告5 足首の痛みの治療 南町田さいとう接骨院

【主訴】

中学生の水泳選手が足首が痛いと来院された。
走ったりしゃがんだりしても痛みはないが、水泳のクロールや背泳ぎのキック動作で痛みが出るらしい。

【所見】

この子はあまり姿勢は良くないがカラダはすごく柔軟性がある。

足首だってしなやかなキックが出来るであろう、色んな方向にスムーズに動くんだ。

しかしこの子のスネの部分の筋肉は硬くなっており、これがキック動作のときに痛みを出している。

【治療、その後】

中学生くらいのカラダが変化する時期や、柔軟性がありすぎる関節には、関節が無理に動き過ぎないように筋肉に負担が起こる場合が結構ある。

この子の場合はまさにそれで、冬の合宿中から痛みが出てきたと言っていた。

水泳選手の冬の合宿はそうとうな距離を泳ぎこみ、泳力を鍛える。
その練習中にキック動作をたくさんし過ぎてスネの筋肉に負担がかかりまくっていたんだ。

スネの筋肉に有効なエクササイズを伝えて、痛みがなければ普通に練習しても大丈夫だと伝えた。

2週間後に再度来院されたが、もう痛みはなく普通に練習しているとのことだった。

【一口メモ】

夏のシーズンとは違い、色々な部活やクラブは冬の時期に体力作りをする。

その冬の下積みが夏のシーズンに活きてくるのだが、冬場にケガをして体力作りが出来なかったらそのシーズンを棒に振ってしまうと言っても良い。
カラダも冷えやすく、ケガをしやすい冬場の練習はウォーミングアップをしっかりしたり練習後のケアも大切だが、選手個人で出来るようになるにはやり方がわからなかったりする。
当院ではそういったケガを予防するエクササイズ指導などにも全力で取り組んでいるんだ。

 

病院ではシップと痛み止めの飲み薬ということが多いけど、こんな急性期のケガでも意外と歩き方が変われば痛みなく生活できるようになったりするんだよね。

足首のねんざなんかも同じですんなり歩けるように出来ちゃうよね。

痛みを我慢したまま歩き続けると、かばったまま歩くから他の部分に良くないことが起こる。

痛めてから早い段階で体の使い方を覚えることは再発予防や他の部分を予防することにもつながるんだ。

 

さいとう接骨院はスポーツをするあなたをサポートし続けます!

===========

さいとう接骨院 南町田駅北口徒歩5分

診療時間(予約不要)

月~金9:00-13:00/15:00-21:00

土  9:00-15:00

町田市鶴間1-18-1-102

042-706-9182

P1台あり(16号線から入庫)

 

●首肩腰足などの痛みの早期回復

●からだのゆがみを根本治療

●スポーツ外傷・障害

●交通事故治療

●リハビリ・トレーニング