スイム・ファースト・プロジェクト 活動報告

スイムファーストプロジェクト 活動報告

世界水泳2017ブダペスト大会も終わり、海外選手の勝負強さ、レベルの高さに驚いております。

女子はジュニア世代のスイマーの活躍が見られていますが、男子は未だに10代のスイマーが代表に選ばれるまでのレベルではありません。

サッカー日本代表でも世代交代が必要と言われていますが、水泳も若手の台頭が必要ではないかと感じています。

 

僕はお盆に夏休みを取り実家の青森へ帰省。

せっかく帰省するので学生時代お世話になった鯵ヶ沢スイミングクラブの選手たちに向けた体幹トレーニング・ストレッチのアドバイスをしてきました。

 

僕が知っている選手は誰もおらず(もう引退して13年になりますからね。笑)選手たちは誰だこの兄ちゃんは?という顔をしておりました。

小3~高校生までのジュニアスイマーが17人ほど。少し難しい話もしてしまいましたが、小学生も頑張って話を聞いてくれていました。

トレーニング・ストレッチの実践になると、みんな笑顔で頑張ってくれていましたね。(僕はSっ気が強いので、モデルになってくれた子はきつそうに汗をかいていました。笑)

 

なぜ体幹トレーニングをするのか、なぜストレッチをするのか。

「体幹トレーニングは大事だ!やった方が良い!」

と、コーチに言われるからやっている。とか、

「ストレッチは身体を柔らかくするためにやる」

だけの理由で取りあえずやっているとか。

 

大事なのは「なぜこのトレーニングをするのか?」「なぜこの練習をするのか?」をしっかり理解する、もしくはコーチがトレーニングの意味を伝えることが大切です。

 

速くなるためには何が必要なのか、泳ぐこと以外で自分に出来ることはないのか?

引退し、今のような仕事についてから思うことですが、練習以外の時間にも速くなるために必要なことが多いこと多いこと。

 

例えば普段の姿勢。

 

何分良い姿勢を維持できますか?

自分のベストタイムの時間くらいは陸上でストリームラインを作れますか?または良い姿勢をキープできますか?

200mを泳ぐ選手で、2分以上良い姿勢を継続出来ないようでは致命的です。

 

水中姿勢を支えるのは体幹の筋肉です。

日常の姿勢を支えられないのに、泳いでいる姿勢を支えられるでしょうか?

 

練習はとっても大切ですが、普段の練習をよりレベルの高い物に、そしてより速くなるために、自分になにができるのかな?と考えて、もっともっと活躍して欲しいと思います^^

スイムファーストプロジェクトは1番を目指すジュニアスイマーをがっつり応援しています。

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
スポーツ疾患や日常生活での痛みの早期改善は

南町田 さいとう接骨院

痛みの原因を根本から改善する、ひとりひとりに合ったオーダーメイドな治療です。

ゆがみを治してハイパフォーマンスなカラダへと導きます。
●スポーツ障害 ●スポーツ外傷 ●姿勢改善 ●パフォーマンスアップ ●コンディショニングなどでお困りの際はお気軽にご相談ください。

♦♦保険診療♦♦(予約不要)
平日9:00~13:00 15:00~21:00
土曜9:00~15:00
♦♦スポーツコアバランス整体♦♦
保険外診療※完全予約制(前日までご予約下さい)
土曜16:00~20:00
日曜9:00~17:00 
50分コース/\7,700(初診時は60分/\8,400)
学生料金 上記より-\2,000(高校生まで)

東急田園都市線 南町田駅より徒歩5分
当院横に駐車場完備 国道16号線(相模原方面)よりお入りください

現在地
ルートを検索