足の甲の捻挫の治療報告1  南町田さいとう接骨院

足の甲の捻挫の治療報告1

ヒールで足を捻った患者様

【お困りの症状】

当日朝にひねり、だんだん痛くなり足を着くのが痛くてつらい

 

【患部の状態】

足首ではなく、足の甲の腫れが顕著。

押すと痛い。足首を動かすのも痛い。

 

【診察結果】

エコー検査を実施し、骨折をしてない映像を確認出来た。

腫れが酷く、捻挫の中でも中度の損傷と思われる。

 

【施術結果と今後の治療方針】

アイシングと炎症を早期に退かせる電気療法を行い、固定にて施術。

来院時には足を着くのが痛かったが、固定材を使用しての固定で足を着くのは楽チンに。

アルバイトはしばらくは止むを得ずお休みしてもらい、

そのかわり早期に腫れを退かせるためにしっかりとした固定をすることとした。

翌日来院された際に再度検査を行うと、思ったより腫れはひどくなく、初期に設定した3週間の固定は早期に外せる可能性も。

2週間ほどでアルバイトに復帰出来るのを目指す。

 

【当院で行う施術】

アイシング処置

血流促進軽擦法

マイクロカレント通電療法

関節安定固定法

関節可動域回復訓練

リハビリ療法

【コメント】

 

足の甲の捻挫は、足首よりも体重がかかってしまう関節だ。

テーピングや包帯固定だけではどうしても体重がかかってしまうため、固定材を使っての固定。

不便さはあるけど、患者様は歩くのがラクになったと言ってくれた。

なるべく日常生活に不便を感じて欲しくないのだが、まずはアルバイトに早期に復帰するのが目的のため、しばらく不便さを我慢して頂くことに。

スポーツ選手やそうでない患者様がたくさんいらっしゃる中で、その患者様に合わせた施術や処置が出来るのも当院の武器なんだ。

 

***************

病院ではシップと痛み止めの飲み薬ということが多いけど、こんな急性期のケガでも意外と歩き方が変われば痛みなく生活できるようになったりするんだよね。

足首のねんざなんかも同じですんなり歩けるように出来ちゃうよね。

痛みを我慢したまま歩き続けると、かばったまま歩くから他の部分に良くないことが起こる。

痛めてから早い段階で体の使い方を覚えることは再発予防や他の部分を予防することにもつながるんだ。

 

さいとう接骨院はスポーツをするあなたをサポートし続けます!

===========

さいとう接骨院 南町田駅北口徒歩5分

診療時間(予約不要)

月~金9:00-13:00/15:00-21:00

土  9:00-15:00

町田市鶴間1-18-1-102

042-706-9182

P1台あり(16号線から入庫)

 

●首肩腰足などの痛みの早期回復

●からだのゆがみを根本治療

●スポーツ外傷・障害

●交通事故治療

●リハビリ・トレーニング