ギックリ腰の治療報告3 南町田さいとう接骨院

ギックリ腰の治療報告3

【主訴】

ギックリ腰の患者さんがやって来た。

その患者さんは杖をついていたんだけど、なんと20代の女性だったんだ。

よほど脚でも悪くなければ杖はつかないだろうと思うんだけど、明らかに歩き方はギックリ腰だ。

いつもと同じように家事をしている最中。

それも何か持った時でもなく何もしてない瞬間に痛くなり崩れ落ちたそうだ。

イスに座るのも、立ち上がるのも痛い。

というかもはやじっとしていても痛いらしい。

問診をしていても受け答えの声には辛さが明らかで、不機嫌になっているような感じだ。

動かして痛いかって?何もしてなくても痛いんだから動かしたら痛いに決まってるじゃん。。みたいな。

身体の痛みって身体のカタチだけじゃなくて、人の気持ちや内面まで変えちゃうんだ。

 

【治療その後】

まずは身体を見てみると、明らかに右脚に体重が乗っていない。

その日はまず右脚に体重を乗せやすくしておいた。

さすがに身体を真っ直ぐに伸ばすのは痛そうだったが、右脚に体重は乗っていた。

ぎっくり腰はどのくらいで良くなるのか?

子の方の場合は、翌日来院された時は杖をつかなくても歩けるぐらいまで回復していた。

なので、今度は背骨のねじれを戻して行くと、ずいぶんラクになったようだ。

帰りには杖なしでも歩けたし、ずいぶん真っ直ぐシャキッと立っていた。

 

帰りのお会計で知ったんだけど、その日の翌日に引っ越してしまうらしく、これが最後の治療だったらしい(笑)

取り敢えず立てるようになって良かった。

引っ越し先でも気をつけて生活して欲しいな。

 

<ぎっくり腰その他の記事はコチラ>

ぎっくり腰の治療報告1

ぎっくり腰の治療報告2

 

 

病院ではシップと痛み止めの飲み薬ということが多いけど、こんな急性期のケガでも意外と歩き方が変われば痛みなく生活できるようになったりするんだよね。

足首のねんざなんかも同じですんなり歩けるように出来ちゃうよね。

痛みを我慢したまま歩き続けると、かばったまま歩くから他の部分に良くないことが起こる。

痛めてから早い段階で体の使い方を覚えることは再発予防や他の部分を予防することにもつながるんだ。

 

さいとう接骨院はスポーツをするあなたをサポートし続けます!

===========

さいとう接骨院 南町田駅北口徒歩5分

診療時間(予約不要)

月~金9:00-13:00/15:00-21:00

土  9:00-15:00

町田市鶴間1-18-1-102

042-706-9182

P1台あり(16号線から入庫)

 

●首肩腰足などの痛みの早期回復

●からだのゆがみを根本治療

●スポーツ外傷・障害

●交通事故治療

●リハビリ・トレーニング